塾講師の仕事を大解剖|教育関連の職種をいろいろ紹介します

採用を勝ち取る方法

保育士の女性

保育士の数は年々減ってきています。保育士は、やり甲斐と魅力にあふれた素晴らしい職種です。保育士として働くためには、面接試験で採用を勝ち取る必要があります。採用を勝ち取るためには、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。

もっと読む

人気ある塾講師条件

勉強

人気のある塾講師になるには、とにか清潔感が大事です。清潔感の無い塾講師は、好感を持たれないどころか嫌われてしまう恐れすらあります。自分に合った塾のタイプを見極め、そして人気のある塾講師になるためのポイントを頭に叩き込みましょう。

もっと読む

サイトを上手に活用する

男女

保育士への転職を考えている人は、保育士の求人案件が多く掲載されている保育士専門の転職支援サイトを利用しましょう。保育士専門の転職支援サイトにはいろいろなタイプがあるので、比較サイトやランキングサイトなどを利用して良い支援サイトを探しましょう。

もっと読む

生徒の成長を支える仕事

先生

塾講師の業務の中心は、生徒への学習指導です。ただ、もちろんこれだけではありません。学習指導以外にも、電話対応や生徒の保護者からの対応、営業活動なども割り振られることがあります。塾によっては残業を求められることもあります。塾講師と塾の事務員を別としているところがほとんどなので、事務や経理などの業務を任せられることはほとんどありません。これだけ聞くと、「塾講師って意外と大変なんだな」と思われがちですが、慣れれば全ての業務を効率的かつやりがいを持って行なうことができるでしょう。塾講師のやりがいは、何と言っても生徒の成長、そして目標及び志願校の合格を間近に見られることです。全ての業務がこれらの糧、基板となると考えれば、やりがいを持って楽しみながら働くことができるでしょう。魅力とやりがいにあふれた仕事を持つ職種、それが塾講師なのです。

塾講師の中心業務である学習指導。理解しやすいように上手に教えることを求められますが、生徒自身にやる気が無ければ生徒の頭に授業内容が頭に入っていきません。生徒の学習意欲の引き出すことも、塾講師の仕事の1つです。やる気の有無や本人の性格、授業態度など、これらの部分は生徒によって大きく違います。これらを授業中に見極めるのは困難なので、授業中以外の時間を上手に利用して生徒とコミュニケーションを取る必要があります。そこで生徒の話を聞き、悩みや不安などを解決に導くことができれば、生徒からの信頼度も上がり、日頃の学習意欲も大いにアップするでしょう。